ペット動物大好きな人たちの体験談や口コミ

動物のことが大好きで、ペットを飼っている人たちの体験談や口コミを掲載

ペツトの犬を飼う時には、犬種や飼いやすさを考えよう

日本の国内で、ペツトで飼われている犬は、色々な犬種が、おります。犬は、人間社会の中に、深く関係して来た歴史が、あります。又、日本地域の特徴ある犬種もいます。

 

北海道犬、秋田犬、甲州犬、紀州犬、土佐犬等と日本犬(本来の犬)を基本に、交配で色々な犬種を作りました。その目的は、番犬、狩猟犬、遊びの犬等と役割が、ありました。その後は、愛犬としての目的に変わり現在へ至る。

 

更に、その時代に、人気犬出るので、無理な交配で色々なトラブルを出ています。特に、注意する点は、犬も人間に飼われることが、重要なことです。それが、売る為のもの化している傾向あります。

 

飼う方も、可愛いだけで、自分の必要ない場合は、手放す。そのような飼い方は、間違いです。生き物は、飼う為に覚悟と責任が、出てきます。死ぬまで、愛情を注ぎ、弔い、感謝するまでをしてやることです。

 

まだ、全国の保健所で保護管理されている犬が、多いです。色々な事情で、保護されているが、飼われることがなければ、処分されます。犬に問題は、無いですし、人間の問題です。このような状況化や災害で、飼いたいが、ある状況で、飼えないこともあります。

 

この現実を直視して、ペツトとして飼うことは、飼う人の年齢、家庭状況、大型犬、中型犬、小型犬等も関係してきます。元気な時は、良いですが、老犬なりますと抱える。トイレ状況や目も衰え、手を掛けてやることになります。その点を忘れやすいです。

 

住宅状況も考え、犬種(中型、小型犬へ傾向)で犬の性格性となつきやすい犬を理解すべきです。従順な柴犬や小型犬で可愛い(プードル、チワワ、シーズ、ヨークシャテリア等)中心なる傾向もあります。子供の3か月で、仕付けとトイレの使い方も押してることが、重要なことです。

 

又、家族の主人を誰か?理解しますので、注意して序列を理解させることです。そのことも、犬の飼う為のポイントです。これらを分かれば、家族と会うか等を考えて、購入する態勢ができます。そのことは、大事なことです。